toggle navigation
2021年01月30日
ブログ

5年前、倉本聰さんから頂戴した言葉。

倉本聰さんとお会いしたのは今から5年前。

私が「みのりママ」として開店したスナック「アタックみのり」へご来店下さいました。

 

イブアイしずおかの1コーナー「アタックみのり」は、私が毒舌ママになり、来店する方と(生放送で、打合せ・台本なし、ぶっつけ本番)トークを繰り広げる、スリリングなコーナーでした。ご来店下さったのは、例えば…

 

 

小室哲哉さん、亀田興毅さん、オードリー春日さん、山崎賢人さん、真剣佑さん、今市隆二さん、宇崎竜童さん、阿木耀子さん、斉藤和巳投手、相川亮二選手、Dream Amiさん、ブリリアンさん、クリスハートさん、大久保佳代子さん、E-girlsの皆さん、元日本代表市川大祐さん、朝倉さやさん、嘉門タツオさん、パッパラー河合さん、サンプラザ中野くん、東幹久さん、ユージさん……

2016年11月。北の国からを全話見ている私にとって、衝撃のお客様、倉本聰さまがご来店。みのりママは、前日一睡もできないほど興奮していました。

 

「あなたは文明に麻痺していませんか」という書き出しで始まる富良野塾の起草文。むかし、これを読んだときの気持ちが忘れられません。気になる方は調べて下さい。五郎さんが純に言うところの「暗くなったら寝るんです」にも通じる、バブルで浮かれていた日本(もちろん現代の日本にも)へのアンチテーゼだと感じました。子供の頃のおぼろげな記憶ですが、北の国からの内容が衝撃すぎて理解できないことも沢山ありました。でも、小学生なりに「幸せって何なのかな?」と感じたことだけは覚えています。経済的(文明的)豊かさと、幸せは別物ということを五郎さんに教えてもらったようで、それは3丁目の昭和を通して私が探し続けていた物なのかもしれません。

この日、「アタックみのり」10分だけのご出演予定でしたが、3丁目の昭和をぜひ見てみたい」と言って下さり、番組冒頭から約50分にわたってご出演下さいました。「放送前にも、一度VTRを見たい」と言って下さったので、一緒にプレビューしている様子です。

楽屋でサインを頂戴している所

この色紙は宝物です

倉本さんありがとうございました。

 

番組後、倉本さんに『着眼点の良い、面白いコーナーだね』褒めて頂けた上に『あなたは町の人から昭和の顔を引き出すチカラがある。ぜひ続けてほしい。』と言って下さったのです。ですから、私は今でも昭和レトロ探しにこだわり、昭和が持つ魅力を発信するとともに、昭和から頑張るお店を応援し続けたいのです。

これからも昭和探しつづけます

 

先日、知人と話している中で、「そんなに昭和が好きなら、昭和レトロに特化したインスタやってみたら?」と言われました。文章とともに長々とブログに書くのは憚られるけど、皆さんに見て頂きたい素敵な写真は何百枚とあります。私の選択肢になかったインスタですが、昭和の発信・記録という意味でも、やってみようかな・・・という気になっています(やる気メーター現在75%)。アナウンサー特有の「私を見て!リア充インスタ」ではなく、ひたすら古いものだけを載せていくインスタ。近々始めるかもしれません(´ω)

アーカイブ

カテゴリー