toggle navigation
2022年02月09日
ブログ

SBSを退社し独立した本当の想い。ぶっちゃけました。

リバティーリゾート久能山で収録した動画が昨日公開されました。ある方との出会いでアナウンサーになろうと思った瞬間、高校時代 第一テレビの〇ごとワイドを見て「茶の間を明るくする こういう番組をやりたい」と思ったおぼろげな記憶…。

局アナとして17年間勤務し 退社に至った思い

おととし(2020年)の年末、SBSを辞めようと決意し両親に打ち明けました。 (最初は相当驚かれましたが、両親を心配させまいと ずっと一人で溜め込んでいた思い・理由を話すと 我慢して働くことはない。今すぐに辞めなさいと、最終的には背中を押してくれた)

感染者数がほぼゼロになった昨年末、観覧の皆様を招いて公開収録しました。動画は編集され「ドキューン「バキューンになっていますが、会場大爆笑&ヒヤヒヤ。とっても楽しい収録でした。

からの すっとぼけ

フリーダム全開のトークショーです。

ぜひ、こちらから動画をご覧下さい。

  ↓ ↓ ↓

 

初めてお話する高校時代のお話。

SBSの前、別局でアナ兼報道記者だった話。

五十棲さんにそんな風に思われてたの(´;ω;`)

 

SBS静岡放送さん には

感謝の気持ちでいっぱいです。

何よりも

県民の皆様に育てて頂きました。

 第②弾、③弾と動画は続きます♥♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 件のコメント

  • えりか100パーセント さん

    今日のブログを見て真っ先に社食だったかな、富士山見ながら黙食していたのを思い出しました。
    ここ最近
    なにか「やっきりする」(通り越しているかもしれない)ようなことがあったのでしょうか
    そんなふうに思っています が、いつものことで考え過ぎでしょう。
    第二弾も甘い歌声が聴けるのかな♪ 楽しみにしております。

  • きのへび さん

    みのりんがお医者さんだったら・・・想像すると かっこいいですね~ 

  • 匿名 さん

    申し上げる立場にないかもしれませんがきっとお辛いことがあったのですね。おいたわしく思っています。ご無理をされた以上にこれからは良くなりますように。

  • naonao さん

    何で静岡の至宝みのりんがこんな思いを😞
    この直後に写真週刊誌で、某女子アナと社長の不倫
    会社の私物化の実態が明るみになりましたね。

    みのりん、本当に大変な思いをされたと思います。
    退社せざるを得ない状況へ追い込んだ某女子アナ、
    そして(きっと)守らなかった会社。

    失ってから気づいても遅いです。

    そんな嫌な思いをさせられても
    SBSへの感謝の気持ちをしっかり述べる
    みのりんの人間性の高さ。素晴らしいです。

    みのりんの昨今のご活躍を拝見し、
    SBSを退社してほんっとうに良かったですね!

  • P美 さん

    SBSに入ってからトントン拍子でいろんな番組に出させてもらったよねって言われてるけど、、、それはみのりんに実力があったからだと思いますよ。

  • 赤いママチャリ さん

    ミノリンの歌声 甘く艶があって癒されます。
    何時でも何度でも聴けるように永久保存です。

  • あっきぃ さん

    おじさんたちのなかなか過激なトーク爆笑しますね😆音声に『ピー』が入ったとこはさらにヤバい発言だったのか?聴きたかったぁ
    みのりさんご自身が生で語った「アナウンサーへの道」のお話は聞きごたえがありました👍フリーになった今もブレずに突き進んでいるみのりさんは超素敵です😌

  • ゆーちむ さん

    みのりん、本当に複雑な気持ちでSBSに別れを告げたんですね。動画を拝見して、それでもSBSに対して感謝の気持ちを述べるみのりんの人間性に頭が下がります。フライデーでの報道もありましたが、みのりんがどんなにつらく大変な思いをされていたかと思うと、部外者のわたしですがはらわた煮えくりかえります🌋みのりん退社の後、他の女子アナさんが辞めていったのもそういうことなのかな・・・と推測します。 40才という区切りの年にSBSを辞めるという選択、大大大正解でしたね。だって、今のみのりんの方がとっても幸せそうで、活躍なさっていますもん。

  • たまじん さん

    みのりさんがフリーになられて、まもなく1年が経とうとしていますが、自分はみのりさんがフリーになられて良かったと思っております。
    やっぱり局アナっていう縛りがあるなかではみのりさんが本当に挑戦したい事が出来なかったのではないかと思います。
    もちろん、SBSの看板アナウンサーだったからこそ、静岡県民の皆さんに愛される存在になっていったのは言うまでもない事なのかもしれませんけどね。
    県外の外野から偉そうな事を言って、すいません。

  • もち さん

    今回のブログ、みのりんの事で少し深いところがわかり、ブログ中の動画、何度か観てしまいました。
    フリーへの決断について、こういった形でオープンにしてもらえる心にまでなられたのかなぁと思いましたが、とは言っても相当な決断だったと改めて感じました。
    アナウンサーを目指した時から、地元静岡で、そしてSBSを目指して、一度は岡山で入社したけど改めてSBSを受け直して入社し、地元の為に日夜がむしゃらにどれだけ忙しい中(毎日ラジオにテレビと大変な時もあったとか)でもリスナーや視聴者に笑いと笑顔を絶やさず、静岡に対する貫き通す想いと見えない努力で駆け抜けてきた道のりで、何か立ち止まる時が来てしまい、未来に向かって貫き通していく道の先が違ってきたと感じた時、も一つの道が見えてきた。
    でも、世の中がコロナ禍で今までに経験した事のない厳しい時に岐路に立たされての新たな道へ向かう決断、とてつもない心理状態だったんだとブログや動画から想像してしまいました。
    前にも似たようなコメントしましたが、みのりんの過去の繋がりが、岐路に立った時に新たな道に進む勇気をくれたんだなって勝手に想像しています。ご両親の理解ある暖かい後押しがあったからでもありますし、みのりんの貫いてきた想いと歩み、そして本当に愛される人柄が、新しい道を歩み始めている今の活躍に繋がっているんですね。
    他人が簡単には言えないフリー決断への想いでしたが、決断にあたっての目的意識がアナウンサーになられた頃と変わらない地元静岡の為、その揺らがない想いだからこそ、様々なお仕事に出会い、活躍されている。さらにはSBSや県民・視聴者への「感謝」をされてるみのりんがとても素敵ですし、そして心の底から尊敬します。
    今後もっともっと活躍していかれる予感しかしませんね。
    一つ前のブログでしたか、色々ある想いを「豆」に込めての鬼は外、「豆」の結果を見る限り、どこか遠くへ消え去ったようですね!!

  • kam kam さん

    歌も歌うんですね😳。

  • ぽE さん

    武漢ウィルスで大変な時期に退社するなんて、何があったんだと思った方多かったんじゃないでしょうか。。。

    10年くらい続いていた元日の番組で、毎年中継担当だった○田アナウンサーが突然メインMCをやった正月、変だな??と思っていましたが、そのあとFRIDAYの記事を見て、そういうことだったかと。。。😡

    ここ数年女性のアナウンサーが次々にいなくなりましたもんね😖
    真面目にやってる人が嫌な思いをしたり損をするなんてやってられないですね。

  • 大阪太郎 さん

    ええやん。松田聖子。

  • MAKOTO NAKAMURA さん

    ミノリン。もう何十年もファンです。いいじじいですが。 枠など作らないで、いろんなことにチャレンジしてください。さんまちゃんの番組に出てもらうとうれしいです。 大変だろうが。 てっちゃんだと思って対応すれば結構うけるかも。

アーカイブ

カテゴリー